仕事量に対するフリーランスの悩み

仕事への携わり方としては、企業組織に身を置くだけでなく、独立してフリーとして働く手段も選ぶことができる。能力を活かして充実した仕事の方法が実践できる一方で、フリーランスとしての悩みに対して向き合わなければならない。

フリーの仕事で難しいのは、仕事量の調整である。フリーは、個人単位で活動している事から、こなすことができる仕事の量には限界がある。会社組織であれば、スタッフでこなすべき仕事量を分担することができる。フリーとして引き受ける仕事を選べば、確かに仕事量の調整は可能である。

しかしながら、重要なクライアントからの依頼は、断りづらいということも実状である。そのため、多くの仕事が一度に持ち込まれると、断ることができずに処理能力以上に抱えてしまいかねない。時には、常に仕事のスケジュールが厳しいといった状態のフリーランスもいる。

対策方法としては、フリーランス同士で仕事を分担するという手段がある。フリーで働く人たちが協力関係を築き、忙しい仕事や難しい仕事の案件についてこなしていくことができる。フリーで働いている人たちは、互いに抱えている悩みを共通して持っていることが多いため、協力関係は作りやすい。

そのため、フリー同士の人脈作りは重要である。もし仕事で多くの仕事を抱えてしまうようになったならば、仲間とのネットワークを活かしてに相談を持ちかけて、仕事の負担を解消したり精神的重圧を和らげることに効果が出る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です